スポンサーリンク
近世日本史

小栗吉忠に関するキーワード

筒針(つつばり) 現在の愛知県岡崎市筒針町。 岡崎城のある位置から少し西にある。 常陸から三河に入部した小栗重弘が拠点を置いた地であり、「小栗屋敷」若しくは「小栗城」の名前が史料で確認出来る。 吉忠は叔父の正重に養われる形でこの...
近世日本史

三河三奉行と三遠奉行

徳川家康が三河を統一した当時、家康配下の奉行人として以下の存在が確認出来る、とされている。 「仏高力・鬼作左・とちへんなしの天野三兵」と称されている、三河三奉行の三名。三名の内訳は、高力清長・本多重次・天野康景と言われている。 そし...
近世日本史

小栗吉忠発給文書と年表

小栗吉忠年表 1527年 松平忠吉の子として生まれる。 母の兄である小栗家の叔父、小栗正重の三河筒針城にて養育される。 通称は「又市」(「一」に非ず)・「仁右衛門」。 松平姓から小栗姓に改める。 幼少期~青年期 家...
近世日本史

「守山崩れ」当時の奉行人発給文書

天文4年(1535年)の12月5日、同族の松平信定を討つ為に、松平清康は尾張の守山に出陣したものの、その陣中で、家臣の阿部弥七郎によって殺された。これは俗に「守屋崩れ」(天文の内訌の一つ)と呼ばれ、一時的に松平氏の精力は衰退する。 陣...
近世日本史

筒針小栗家は浄土真宗信者

妙源寺への寄進史料から判明する事 16世紀初頭に於ける小栗家は、如何なる活動をしていたのだろうか。天文6年、小栗家の人物が妙源寺に領地を寄進していた。 永代寄進申田地之事 合弐斛者、在所別所下 右彼田地者、祠堂銭拾貫借用候処、廿...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました